読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめ子日記

更新は不定期。

3回観たラ・ラ・ランドの感想

mamekosan-22.hatenablog.com

 

2週間前、少し興奮気味にこの記事を書いた。

そのあと2回観に行ったので合計3回観に行ったことになる。

 

 

1回目は歌とダンスを見つつも字幕を読みながら&あまり見慣れない外国人俳優の顔と役名を認識するのに必死で、でも楽しくて、「早く2回目が観たい!」ってなった。

 

2回目は、ほぼ字幕を読まずに映像だけ楽しめた。ラストを知っているからこそ序盤で泣いてしまったり。

帰りにパンフを買って、サブ役のライアン・ゴズリングが3ヵ月のピアノ特訓をしていたことを知る。

 

3回目は、1回目・2回目の時よりもさらにサブのピアノに注目しながら観た。

あと、3回目でやっと確信が持てたのは、やっぱりダンスはそうでもないということ。(それが良いとか悪いとかの話ではなくて)

 ダンスがかっこよくてわあああってなる感じじゃなくて、衣装とか、全体の映像とか?何よりも音楽が好き過ぎて、わあああってなる。それを再確認。

 

 

宇多丸さんのラ・ラ・ランド批評はうなずきながら聞いてた。

この映画は賛否両論あるけど、「生活のためのアルバイトがおざなりになってる」とかはあんまり言ってる人見ていなかったから、なるほどと思った。

監督のクセの話とかも聞けて良かった。『セッション』も観てないので、そういうのは知らなかった。

二人だけの世界観、私は超好きです。私は多分、セッションを観てもきっと楽しめるんだと思う。

 

情報量が少なくシンプルなストーリーで、それを良いと思うのか、悪いと思うのかは観た人次第。

オマージュがどうのとか、ミュージカル映画としてはどうだとか、映画詳しくない私は良く分からず…。だからこそ私はラ・ラ・ランドが好きなのかな?

 

感想、というほどのものになってなくてごめんなさい…。

 

----------

 

コラムサイトのスピクラ!で、ライター・まめ子としてコラムを書かせてもらってます。

spi-club.com